「海賊版サイトへの広告出稿抑制に関する合同会議」を設置

2019年9月30日

「海賊版サイトへの広告出稿抑制に関する合同会議」を設置

海賊版サイトへの広告出稿抑制に関する合同会議
一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)
公益社団法人日本アドバタイザーズ協会(JAA)
一般社団法人日本広告業協会(JAAA)
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会(JIAA)

 この度、CODA、JAA、JAAA、JIAAの4団体は、政府の知的財産戦略本部の下に設置された「インターネット上の海賊版対策に関する検討会議」において議論された総合的な対策のうち、「海賊版サイトへの広告出稿の抑制」に関し、関係者が連携して直ちに取り掛かることになったことを受けて、「海賊版サイトへの広告出稿抑制に関する合同会議」を新たに設置しました。
 本日開催した合同会議において、広告出稿の自主的な抑制の取り組みの対象を広げて一層推進することを決定し、特に悪質な海賊版サイトへの広告の掲載が確認された広告主や広告事業者らに対し、協力を求める文書を同日付で発出しました。
 著作権団体CODAと広告関連団体JAA、JAAA、JIAAは、2018年2月より、海賊版サイトを広告掲載先から排除するためのリストの共有をスタートし、また6月には、4半期に1回の定期協議を設置するなど、協力して取り組みを実施してきました。
 この取り組みによって、広告関連団体に所属する事業者の広告は悪質な海賊版サイトには掲載されなくなるなどの成果を得ています。一方、団体に加盟していない事業者の広告が引き続き掲載されている実態や、海賊版サイトが対策を回避しようとする行為などの課題に対処するために、一層の対策の推進が必要との認識に至りました。
 そこで、各団体の関連委員会に所属する委員から構成する合同会議を設置し、専門的な知見を結集してより効果的な対策の検討を進めることとしたものです。
 また、一部の業界団体非加盟事業者においては海賊版サイトへの対応が十分になされず、取組の効果が十分に得られないおそれがあることへの懸念も指摘されていることを受け、政府から本合同会議に対し、著作権団体と広告関連団体との連携による取り組みの推進と、業界団体非加盟事業者に対する働きかけの要請が文書で通知されました。
 コンテンツ業界と広告業界は、海賊版サイトへの広告出稿を抑止するため、引き続き協力して対策を実施して参ります。

本件に関するお問い合わせ:
海賊版サイトへの広告出稿抑制に関する合同会議 事務局
(一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構)
電話:03-3524-8880 メール:pr@coda-cj.jp

[参考資料]
委員名簿
海賊版サイトへの広告出稿抑止策の実施と成果
通知文「インターネット上の海賊版サイトへの自主的な広告出稿抑制に関して」