WFA(世界広告主連盟)グローバルマーケターカンファレンス2018日本開催決定

2017年12月5日

報道関係各位

公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会

 

WFA(世界広告主連盟)グローバルマーケターカンファレンス2018
~グローバル企業のCMOが集う最先端のカンファレンスが来年5月日本で開催決定~
同時期開催のAdvertising Week Asia(アドバタイジング・ウィーク・アジア)とも連携

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会(伊藤 雅俊理事長)は、グローバル企業のCMOや世界のトップマーケターが一堂に会し、最新のマーケティングについて議論する国際会議「WFAグローバルマーケターカンファレンス」を2018年5月17日(木)に六本木の東京ミッドタウンにて開催することを発表いたします。
本カンファレンスは世界最大の広告主団体であるWFA(World Federation of Advertisers:世界広告主連盟)の主催により毎年各国で開催されており、カンファレンスのテーマや議論内容はその年の重要なマーケティングトレンドとして大きな注目を集めています。今回、WFA加盟団体である日本アドバタイザーズ協会が誘致し、日本での開催が決定いたしました。
また、同時期2018年5月14日~17日に開催される世界最大級のマーケティング、クリエイティビティの祭典Advertising Week Asiaとも連携することで、日本最大のマーケティングウィークが実現することになります。

【WFAグローバルマーケターカンファレンス開催概要】
会期:2018年5月17日(木)
会場:東京ミッドタウン
主催:WFA(世界広告主連盟)、公益社団法人日本アドバタイザーズ協会
申込:参加受付は1月15日(月)、日本アドバタイザーズ協会ホームページにて予定

【お問い合わせ先】
公益社団法人日本アドバタイザーズ協会
グローバルマーケターカンファレンス事務局 担当:高田・今井
TEL:03-3544-6580 E-mail:jaa-info@jaa.or.jp


WFA(World Federation of Advertisers:世界広告主連盟)について
ベルギー・ブリュッセルに本部を置く、
世界最大の広告主団体。世界54ヶ国の広告主企業と
団体で構成され、構成メンバーの総広告費は世界の
マーケティングコミュニケーション費の90%にのぼる。WFAが発信する調査やステートメントはマーケティング業界において大きな影響力を持ち、常にその動向が注目されている。毎年各国にて開催されるWFAグローバルマーケターカンファレンスには世界のトップマーケターが集い、最新のマーケティングやコミュニケーションについて議論が行われる。
https://www.wfanet.org/


Advertising Week Asia(アドバタイジング・ウィーク・アジア)について
2004年に創設されたAdvertising Week(アドバタイジング・ウィーク)は、アドテク、ブランド&クライアント、クリエイティブ、マーケティング、そしてメディア・エコシステムを繋ぐ世界最大級のB to Bプラットフォームへと発展いたしました。
2018年度は第15回目となるニューヨークのAdvertising Week New York(10月1日~4日)を始めとして、第6回目となるロンドン開催のAdvertising Week Europe(3月19日~22日)、東京で開催される第3回目のAdvertising Week Asia(5月14日~17日)、第1回目の開催となるメキシコのAdvertising Week LATAM(2月12日~15日)、及びオセアニア初上陸となるAdvertising Week APACが2018年7月30日~8月2日にシドニーにて開催予定です。5大陸、5つのグローバルデスティネーションにて開催されるAdvertising Weekの詳細は以下のページをご参照ください。
asia.advertisingweek.com

印刷用PDF

以上