新聞委員会

「異種格闘技の時代、新聞は何を提供できるのか」共催セミナーを開催します。

本セミナーは、アドバタイザー、新聞社、広告会社が一堂に会し、新聞メディアや新聞広告の
効果的な活用事例を共有していただく場となります。

今回は「異種格闘技の時代、新聞は何を提供できるのか?」をテーマに、パネルディスカッション
と事例紹介で構成します。この機会にぜひご参加いただき、新聞広告活用の新たな気づきをはじめ
として、コミュニケーション企画のヒントを掴んでいただければ幸いです。

                   記

■日 時 2019年11月12日(火)13:30~16:00(開場13:00)
■会 場 TKP新橋カンファレンスセンター(千代田区内幸町1-3-1 幸ビルディング 15階)
■受講料 JAA会員社は無料です。 (新聞社様@5,000円/広告会社様@4,000円となります)

申込締切 10月28日(月)

日時2019.11.12 (13:30~16:00)
会場

TKP新橋カンファレンスセンター(千代田区内幸町1-3-1 幸ビルディング15階)

内容

1.主催者挨拶  13:30~13:40

2.パネルディスカッション  13:4014:40

 「統合コミュニケーション時代の新聞の強み、そして課題とは?」

    コーディネーター 嶋 浩一郎様(博報堂ケトル

                       取締役クリエイティブディレクター)                     

    パネリスト    尾上 永晃様(電通 CDC プランナー

             河西 智彦様(博報堂 統合プランニング局

                                                                   クリエイティブディレクター)

             山﨑 晋吾 (パナソニック

                                                                   宣伝部企業宣伝室室長)

3.事例紹介「新聞社による課題解決の技、見せます」

    進行役 嶋 浩一郎様

    ①東奥日報社 東奥日報創刊130周年記念・目指せ健康・長寿

           「短命県返上」

    ②河北新報社 定年GO! 定年後も活躍できる社会を目指す活動

    ③読売新聞社 「会長島耕作」企画 キャラクターを使用した

            複合的メディア展開

 

以上

 

 

 

参加費[JAA会員] 無料
[一般]   新聞社@5,000円(税込)/広告会社@4,000円(税込)
詳細資料