働き方改善プロジェクト

働き方改善プロジェクトセミナーを開催します

JAAでは4月に「働き方改善へ向けたアドバタイザーの行動指針」を発表致しました。
世の中で働き方改善が求められ、広告業界でも様々な取り組みが実施されている中、アドバタイザー企業にも積極的な取組みが求められています。今回のセミナーでは、指針の1つに掲げられた「アドバタイザーと広告会社との相互理解を深めるための取組み」についてとりあげます。

セミナー第1部では、アドバタイザーと広告会社とのパートナーシップに関してコンサルティングを行っているアプレイスジャパン 郡司恭子氏より、相互理解の1つの方法として、アドバタイザー・広告会社間での相互評価の取組みをご紹介頂きます。また、第2部では既に独自で取組みを行っているJAA会員社から、実際にどのように相互理解の取組みを行っているのか、生の声をお聞きします。

アドバタイザーと広告会社が業務の課題や問題点を意見交換し、理解を深める事は働き方改善につながる非常に重要なポイントです。是非ふるってご参加頂き、働き方改善の参考としてご活用ください。

日時2017.09.01 (15:00~16:30)
会場

日本アドバタイザーズ協会会議室

内容

1.冒頭挨拶
JAA働き方改善プロジェクトリーダー 名久井 貴信氏

 

2.よりよいパートナーシップへ向けた相互評価の取組みについて

アプレイスジャパン 郡司 恭子氏

 

3.相互理解へ向けたJAA会員社の取組み紹介
花王 広告作成センター長 井上 幸治氏
トヨタマーケティングジャパン 取締役 土橋 代幸氏

 

4.質疑応答

参加費[JAA会員] 無料
[一般]   無料