雑誌委員会

雑誌委員会セミナーを開催します。

今回は、プリントメディアの特性を活かした出版社の新しい展開シリーズの第2回目として、集英社様を取りあげます。

ラグジュアリー誌『T JAPAN』の内田秀美編集長と、ハイクオリティビューティ誌『MAQUIA(マキア)』の湯田桂子編集長から、読者が求めるものをはじめ、WebやSNSとの連携手法と立体的展開、広告活用などについて伺います。

ぜひご参加ください。

日時2016.04.15 (15:30~17:15)
会場

JAA会議室(中央区銀座3-10-7銀座東和ビル8階)

内容

 

1. ラグジュアリー誌『T JAPAN』の成り立ちと広告活用

 

~昨年3月に創刊され、首都圏の限られたエリアの朝日新聞購読者、

開業医、集英社ECサイトの優良顧客などに無料で年4回、各20万部

配布されている『T JAPAN  The New York Times Style Magazine』。

新しい価値を生み出す力は何か、それをアドバタイザーとして

どのように活用したらいいのかなど、ご紹介いただきます。

 

講師:集英社『T JAPAN』編集長  内田 秀美様

 

 

2. ハイクオリティビューティ誌『MAQUIA(マキア)』の想い

 

20代~30代の美意識の高い女性に向けた美容専門誌『MAQUIA』。

美容誌市場の活況の理由や、読者が『MAQUIA』に求めるもの、専門誌

としての強みや役割、WebSNSとの連携手法と立体的展開、広告活用

などについてお話をいただきます。

 

講師:集英社『MAQUIA』編集長   湯田 桂子様

参加費[JAA会員] 無料
[一般]   10,000円+税
詳細資料