「延べCM表示回数」推計ツール利用規約

〇利用規約(ガイドライン)

<利用条件>

  • 本ツールは、公益社団法人日本アドバタイザーズ協会が推奨する「流通企業との商談用TVとデジタルの共通指標」作成の支援ツールです。日本アドバタイザーズ協会会員社のみの限定サービスとなります。
  • 本ツールの利用においては、日本アドバタイザーズ協会から直接、承認を受けた会員企業に対して、貸与したIDおよびパスワードのみで利用できます。会員社間であってもIDおよびパスワードの受け渡しはできません。
  • 本ツールの不正な利用があった場合など、利用を制限する場合があります。
  • IDおよびパスワードは、日本アドバタイザーズ協会の都合により、変更を行う場合があります。
  • 今後データ更新を行う場合には、都度連絡をいたします。
  • 今後利用規約の変更を行う場合には、都度連絡をいたします。

<「商談用取引指標」の留意点・禁止事項>

  • テレビCM出稿計画量(GRP)から、その広告量を「延べCM表示回数」として推計します。あくまでも「流通企業との商談用取引指標」として、流通企業様との商談のみに利用できるものです。(その他のお取引等で利用することはできません)
  • テレビCMの「延べCM表示回数」の記載・利用の際には、「ビデオリサーチデータに基づき、JAAが独自に編集」と出典表記をお願いします。
  • 日本アドバタイザーズ協会では、CM表示回数の算出において、ビデオリサーチ社の協力のもと、【個人全体(4才以上)】の「延べ接触可能人数」を「延べCM表示回数」として利用しています。
    ※「延べCM表示回数」はテレビ視聴率調査対象の【自家用テレビ所有世帯居住の4才以上】の推定値です。性年代別など、細分化をした特定属性(=ターゲット)の推計することはできません。

<「テレビCM」「デジタル広告」出稿計画量を併記してご利用になる場合>
テレビCM・デジタル広告で異なるキャンペーン、広告出稿期間が著しく異なるものの併記は誤解が生じるためご遠慮下さい。
商談用資料作成においては、「テレビCM」と「デジタル広告」の双方が同水準で扱われる全国規模での広告活動を想定したものです。
※出稿エリアを限定した計画の場合、「テレビCM」と「デジタル広告」の双方で限定エリアの出稿計画量を掲載する必要があります。
※デジタル広告の出稿計画が全国対象で、「テレビCM」の限定エリアに相当する出稿量の算出が出来ない場合の併記は誤解を生じるためご遠慮下さい。