協会概要

倫理綱領

基本理念

日本アドバタイザーズ協会は、広告が社会や人々の生活に与える影響の大きさに鑑み、私たちが関係する全ての協力者とイコールパートナーの関係を保ちながら、品位ある広告を行うことで広告業界ひいては社会全体の健全な発展を目指す。協会加盟会員社は責任ある立場を自覚し、行動指針に基づいて、公共性を配慮した真実を伝える広告によって社会の信頼を得る努力をする。

行動指針

倫 理・信 頼 性 社会一般の倫理観・道徳観に則った、広く信頼を得る広告を行う。
法  令   遵  守 関係法令及び一般法規を遵守するとともに、虚偽・誇大な表現、及び
誤認を与える表現を避け、公平・公正かつ責任ある広告を行う。
人  権   尊  重 人権を尊重するとともに、名誉や信用を傷つけたり、不快感を与える
ことのない広告を行う。
環  境   配  慮 環境への配慮に充分留意し、資源の有効活用・省資源を強く意識して、消費者・生活者に共感を得られる広告を行う。
革  新 ・ 創  造 自由で革新的・創造的発想による広告を行うことで、生活文化の発展
に寄与することを目指す。

<平成19年2月28日制定>