協会概要

沿革

主なあゆみ

昭和32年 2月 日本広告主協会創立
昭和32年 3月 初代理事長に稲生平八氏(森永製菓)が就任
昭和33年 8月 東京スポンサークラブ併合
昭和35年 2月 第2代理事長に平井鮮一氏(寿屋)が就任
昭和35年12月 主協倫理綱領「正しい広告」制定
昭和36年11月 第1回消費者のためになった広告コンクール開催
昭和41年 2月 第3代理事長に服部禮次郎氏(服部時計店)が就任
昭和42年 4月 「第1次民放テレビ局エリア調査」発刊
昭和42年 5月 第1回JAA広告セミナー開催
「日本広告主協会10年のあゆみ」発刊
昭和45年 4月 通商産業大臣より社団法人の認可
昭和49年 6月 第1回JAA広告論文募集を実施
昭和50年 1月 「第1回消費者の媒体別広告評価と行動調査」発刊
昭和52年 2月 第4代理事長に昆布猛氏(味の素)が就任
昭和53年11月 「日本広告主協会20年のあゆみ」発刊
昭和56年 2月 第5代理事長に小林宏氏(ライオン)が就任
昭和63年 2月 創立30周年記念式典開催
JAA新マーク制定
「日本広告主協会30年のあゆみ」発刊
平成 3年 2月 第6代理事長に福原義春氏(資生堂)が就任
平成 4年 7月 「第1回JAA実践広告塾」開催
平成 4年11月 創立35周年記念フォーラム開催
「JAA広告宣言」を発表
平成 9年 2月 創立40周年記念出版
「新価値創造の広告コミュニケーション」発刊
平成 9年10月 「第1回JAA広告塾大学」開催
平成13年10月 WFA東京コングレス開催
平成15年 2月 第7代理事長に西室泰三氏(東芝)が就任
平成19年 2月 新『倫理綱領』制定
平成19年 6月 創立50周年記念式典開催
JAA新マーク制定
日本広告主協会から日本アドバタイザーズ協会へ協会名を変更
平成20年 6月 「日本アドバタイザーズ協会50年史」発刊
平成23年 2月 第8代理事長に佐治 信忠氏(サントリーホールディングス)が就任
平成24年 1月 社団法人 日本アドバタイザーズ協会から公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会へ移行
平成28年 2月 第9代理事長に伊藤 雅俊氏(味の素)が就任