委員会活動

電波委員会

電波委員会

委員長:石川 貴浩 (株式会社NTTドコモ)
専門委員長:牧野 清克(サントリーコミュニケーションズ株式会社)

電波広告等に関する諸問題に対して研究、対応

アドバタイザーが電波メディアを効率的に活用するために、広くアドバタイザーや広告界、生活者に対して、有益な情報提供を行います。
また、アドバタイザーの立場から、広告界あるいは広く社会に向け、電波広告の発展・向上への改善提案、主張などを行うことで、アドバタイザーから発信される電波広告の質的レベルが向上し、広く生活者の豊かな生活の実現に寄与します。

セミナーの予定

主な活動成果

「テレビ個人視聴率調査」の導入
1987年から日本民間放送連盟、日本広告業協会などに働きかけ、世帯視聴率のみの広告界に個人視聴率の導入を提案しました。これにより1997年に「機械式個人視聴率調査」が導入され、関東地区600サンプルのデータ活用が可能になりました。
また2003年には、日本民間放送連盟、日本広告業協会、JAAの関係三団体による「視聴率検討ステアリング・コミッティ」が発足し、三者での議論・検討が行われました。パソコンでのテレビ視聴の数値が2011年7月からデータに加えられるなど、成果をあげたことをうけ、一旦活動は着地しましたが、合理的な視聴率データの測定環境の整備を引き続き目指しています。

「CM共通コード」導入と確実なCM放送確認の実施
メディアの信頼性を揺るがす不正・不祥事などに対し、迅速な対応を図っています。
日本民間放送連盟、日本広告業協会など各団体に働きかけ、2000年に、テレビCMの正確な運用を目的に「共通コード管理センター」が日本広告業協会内に設置されました。これにより、テレビCM素材に10桁の「CM共通コード」付与が義務化され、ミスの防止や容易に放送確認ができるシステムが確立しました。

「字幕付きCM」の普及啓発
2014年に日本民間放送連盟、日本広告業協会とともに「字幕付きCM普及推進協議会」を設置しました。時を同じくして電波委員会に字幕付きCMワーキンググループを設け普及推進活動を本格化しました。協議会の活動としては字幕付きCM普及推進セミナー(東京、大阪)や障碍者団体との意見交換会の定期開催を実施しています。また、2016年9月には構成3団体がそれぞれ窓口メールを設置し、広く意見収集を開始いたしました。2017年5月、字幕CM応援ページを作成し会員社の字幕対応コンテンツへのリンクを貼りました。

字幕付きCM 「ご意見メール」

字幕CM応援ページ

2015.04.16() 電波委員会セミナーを開催します。 [終了しました]
BSデジタル放送の最新事情&メディアと社会はどこへ向かうのか ~そして広告主のなすべきこと~
2015.07.02() 電波委員会セミナーを開催します [終了しました]
テレビを取り巻く環境変化と民放の動画配信展開概況
2016.03.22() 第2回「字幕付きCMセミナー(大阪)」を開催します。 [終了しました]
第2回「字幕付きCMセミナー」
2016.07.15() 電波委員会セミナーを開催します [終了しました]
BS放送 最新視聴データと活用事例 おすすめ番組動画あり!
2016.09.21() 電波委員会セミナーを開催します。 [終了しました]
~CM素材のオンライン送稿実現に向けた現状と課題~
2017.06.13() 字幕付きCMセミナー(in名古屋)を開催いたします [終了しました]
第3回字幕付きCMセミナー(名古屋開催)
2017.08.01() 電波委員会セミナーを開催します。 [終了しました]
「テレビ広告取引の新指標導入」に関する説明会
2017.09.05() 電波委員会セミナーを開催します。 [終了しました]
CM素材オンライン送稿について
2017.10.18() 電波委員会セミナーを開催します。 [終了しました]
「テレビ広告取引の新指標導入」「テレビCMオンライン送稿」のその後について
2018.05.21() 電波委員会セミナーを開催いたします。 [終了しました]
第4回字幕付きCMセミナー(東京開催)のご案内