このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、対応ブラウザでご覧下さい。

講座・セミナーについて

プロモーションメディア委員会セミナー「コロナ禍のその先へ。OOHの活用事例から見る新しい可能性」

オンライン(Zoomウェビナー)

この度、コロナ禍で打撃を受けた屋外・交通広告市場で、媒体社としてチャレンジを続けている2社より、アドバタイザーに向けた新しい取り組みやチャレンジ事例をお話いただきます。

開催概要

日時

2021年11月11日(木)15:30〜17:00(遅くともこの時間に終了)

会場

オンライン(Zoomウェビナー)

内容

【第1部:羽田空港の取組:人が消えた羽田 その活用とこれから】

講師:日本空港ビルデング株式会社 早川 徹氏

コロナ禍で人が消えた羽田空港。媒体として売り手市場だった状況から一転、

その活用方法の検討が急務となりました。

営業体制もままならない中、アドバタイザーの声に耳を傾け、新しい広告掲出の

提案や、羽田空港という場所を活かしたイベント誘致など、現在進行形で進化を

している羽田空港の取組を、長くアドバタイザー企業に従事していた講師より、

広告主目線を踏まえ、お話いただきます。

【第2部:東急エージェンシーの取組:恐れずに新しいチャレンジを続ける】

講師:東急エージェンシー 堀内 有為子氏

先日「2021日本BtoB広告賞」ポスター部門で、「SDGsトレイン」を受賞された

講師より、コロナ禍でもチャレンジを止めずに挑んだ様々なアドバタイザーとの

取組をご紹介いただきます。

また、一次接触者のみのメディアとしてのOOHから、二次接触者を増やす

ニュース作りとしてのOOHの活用についてご案内いただきます。

参加費

JAA会員:無料

デジタルマーケティング研究機構会員:5,000円(税抜)

一般:10,000円(税抜)

JAA会員・デジタルマーケティング研究機構会員については、以下でご確認ください。

JAA

デジタルマーケティング研究機構

セミナーのお申し込みはこちら
一覧に戻る

個人情報保護とCookieの使用について当サイトでは、お客様により快適にウェブサイトをご利用いただくためCookieを使用させていただくことがあります。当サイトをご覧いただく際は、Cookieの使用に同意ください。また、ブラウザの設定により、Cookieの受信を拒否することが可能です。

> Cookieについて