このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、対応ブラウザでご覧下さい。

プリントメディア委員会

概要

アドバタイザーがプリントメディアを効率的に活用するために、 成功事例の共有をはじめ、 データの整備・拡充やコンテンツを活用した生活者とのコミュニケーションのあり方について研究を行い、その成果を広く広告界、生活者に対して、情報提供を行います。

また、アドバタイザーの立場から、関係する広告団体と協調し、新聞 ・雑誌 広告の発展・向上への改善提案、主張などを行うことで、アドバタイザーから発信されるプリントメディア広告の質が向上し、生活者に信頼性の高い情報が届けられるなど、広告活動の健全な発展に寄与します。

主な活動成果

新聞広告の原稿サイズ統一化

2013年4月、「N-SIZE(日本新聞協会推奨制作サイズ)」が導入され、まず新聞全15段サイズが統一化されました。その後、同年12月より、全10段、全7段、全5段サイズの統一化が実現しました。この統一化に向けた流れは、新聞専門委員会からの、日本新聞協会に対する働きかけがきっかけとなりました。

新聞広告共通プラットフォーム調査「J-MONITOR」の導入

2011年4月、中央5紙と電通、博報堂が中心となって、J-MONITOR連絡協議会が設立され、新聞各紙を横並び比較できる「J-MONITOR」(新聞広告共通プラットフォーム調査)がスタートしました。
本調査は、長年にわたる新聞専門委員会からの、日本新聞協会や連絡協議会に対する働きかけにより、実現に至ったものです。JAAの活動が、導入にあたっての大きな原動力となりました。

新聞カラー広告出稿時の色見本導入

2006年12月、日本新聞協会による新聞カラー広告の色見本「NSAC」が策定されました。新聞専門委員会では策定のための諸実験に協力するなど、新聞カラー広告出稿時の業務効率化に寄与しました。これにより、新聞カラー広告原稿の電子送稿実用化に向けて大きく貢献しました。

「雑誌部数データ」の精度向上

日本雑誌協会が1994年から公表を開始した「マガジンデータ」の部数表記に対して強い働きかけを行い、1997年に表記が「平均発行部数」に統一されました。 2004年からは印刷工業会による印刷証明付き部数の公表も始まり、部数データの精度が大幅に向上しました。これにより、わが国の広告活動をより健全かつ効率的・効果 的にすることに貢献しました。

委員長 田原 光晃 (日本たばこ産業株式会社) 副委員長 立山 昭洋 (花王株式会社)

新聞委員会

開催予定のセミナー

現在、開催予定のセミナーはございません。

雑誌委員会

開催予定のセミナー

現在、開催予定のセミナーはございません。

個人情報保護とCookieの使用について当サイトでは、お客様により快適にウェブサイトをご利用いただくためCookieを使用させていただくことがあります。当サイトをご覧いただく際は、Cookieの使用に同意ください。また、ブラウザの設定により、Cookieの受信を拒否することが可能です。

> Cookieについて