このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、対応ブラウザでご覧下さい。

テレビ・ラジオメディア委員会

概要

アドバタイザーがテレビ・ラジオメディアを効率的に活用するために、広くアドバタイザーや広告界、生活者に対して、有益な情報提供を行います。 また、アドバタイザーの立場から、広告界あるいは広く社会に向け、テレビ・ラジオ広告の発展・向上への改善提案、主張などを行うことで、アドバタイザーから発信されるテレビ・ラジオ広告の質的レベルが向上し、広く生活者の豊かな生活の実現に寄与します。

主な活動成果

「テレビ個人視聴率調査」の導入

1987年から日本民間放送連盟、日本広告業協会などに働き掛け、世帯視聴率のみの広告界に個人視聴率の導入を提案しました。これにより1997年に「機械式個人視聴率調査」が導入され、関東地区600サンプルのデータ活用が可能になりました。
また2003年には、日本民間放送連盟、日本広告業協会、JAAの関係三団体による「視聴率検討ステアリング・コミッティ」が発足し、三者での議論・検討が行われました。パソコンでのテレビ視聴の数値が2011年7月からデータに加えられるなど、成果を上げたことを受け、一旦活動は着地しましたが、合理的な視聴率データの測定環境の整備を引き続き目指しています。

「CM共通コード」導入と確実なCM放送確認の実施

メディアの信頼性を揺るがす不正・不祥事などに対し、迅速な対応を図っています。
日本民間放送連盟、日本広告業協会など各団体に働き掛け、2000年に、テレビCMの正確な運用を目的に「共通コード管理センター」が日本広告業協会内に設置されました。これにより、テレビCM素材に10桁の「CM共通コード」付与が義務化され、ミスの防止や容易に放送確認ができるシステムが確立しました。

「字幕付きCM」の普及啓発

2014年に日本民間放送連盟、日本広告業協会とともに「字幕付きCM普及推進協議会」を設置しました。時を同じくして電波委員会に字幕付きCMワーキンググループを設け普及推進活動を本格化しました。協議会の活動としては字幕付きCM普及推進セミナー(東京、大阪)や障害者団体との意見交換会の定期開催を実施しています。また、2016年9月には構成3団体がそれぞれ窓口メールを設置し、広く意見収集を開始いたしました。2017年5月、字幕CM応援ページを作成し会員社の字幕対応コンテンツへのリンクを貼りました。

> 字幕付きCM「ご意見メール」

委員長 小出 誠 (資生堂ジャパン株式会社) 副委員長 牧野 清克 (サントリーコミュニケーションズ株式会社)

開催予定のセミナー

現在、開催予定のセミナーはございません。

個人情報保護とCookieの使用について当サイトでは、お客様により快適にウェブサイトをご利用いただくためCookieを使用させていただくことがあります。当サイトをご覧いただく際は、Cookieの使用に同意ください。また、ブラウザの設定により、Cookieの受信を拒否することが可能です。

> Cookieについて